アグロ カネショウ株式会社

会社情報COMPANY

会社沿革

1951 (昭和 26年)
創業者櫛引大吉は、世界各国より農薬の輸入紹介を図る目的で世界経済館(千代田区大手町)に光洋貿易株式会社を創立(8月)。硫酸ニコチンを輸入販売。
社名を兼商株式会社に改称(11月)。
56 (昭和 31年)
埼玉県所沢市に工場、倉庫、研究室を新設。
58 (昭和 33年)
本社を千代田区丸の内(丸ビル)に移転(3月)。
59 (昭和 34年)
兼商化学工業㈱を設立(4月)。販売特約店組織全国兼商会発足。
1960 (昭和 35年)
青森兼商販売㈱を設立(9月)。以降、順次全国各地に11販売会社設立。全国的な販売網を整備。
63 (昭和 38年)
除草剤カソロン水和剤上市。
64 (昭和 39年)
病害防除剤キノンドー、植調剤ヒオモン上市。
68 (昭和 43年)
除草剤モゲトン粒剤上市。
69 (昭和 44年)
全国兼商会第1回海外(欧州)農薬事情研修視察団派遣、以降毎年実施。
展着剤アイヤー上市。
1972 (昭和 47年)
除草剤カソロン粒剤6.7上市。
75 (昭和 50年)
兼商㈱所沢市に新事務所落成。
76 (昭和 51年)
植調剤ヒオモン登録失効。
78 (昭和 53年)
販売特約店の経営者、経営幹部対象に全国兼商会後継者養成セミナーを開催(11月)。83年より経営幹部研修セミナーと改称。
1980 (昭和 55年)
土壌消毒剤バスアミド微粒剤を上市。
83 (昭和 58年)
兼商㈱千葉県富里市御料(旧.印旛郡富里村)に試験圃場開設(7月)。
兼商化学工業㈱新潟県上越市に直江津工場新設(10月)。
84 (昭和 59年)
兼商㈱所沢市に研究棟落成。
85 (昭和 60年)
兼商㈱と兼商化学工業㈱との合併により、新社名アグロ カネショウ㈱に改称(1月)。
89 (平成 元年)
経営基本理念「我が信条」発表(1月)。全国11販売会社を吸収合併し、支店とする(4月)。
1990 (平成 2年)
本社を千代田区丸の内(国際ビル)に移転(6月)。
91 (平成 3年)
福島県大熊町に福島工場新設、第一期工事完了(7月)、バスアミド生産開始。病害防除剤キノンドーフロアブル上市。
93 (平成 5年)
福島工場第二期工事完了(3月)、キノンドーフロアブル生産開始。
株式を店頭公開(6月)。
94 (平成 6年)
本社を港区赤坂(シャスタ・イースト)に移転(6月)。
95 (平成 7年)
所沢に生物研究棟落成(12月)。
98 (平成 10年)
福島工場第三期工事完了(7月)。
99 (平成 11年)
カネマイト フロアブル上市。ドイツ連邦共和国シュターデにヨーロッパ支店を開設(12月)。
2000 (平成 12年)
ISO9002取得(3月)。創業者相談役櫛引大吉死去(3月)。
東京証券取引所市場第二部上場(9月)。
創立50周年パーティ開催(10月)
02 (平成 14年)
害虫防除剤アルバリン顆粒水溶剤、粒剤、箱粒剤、粉剤上市。
03 (平成 15年)
ISO9001に移行(3月)。
KST(カネショウソイルトリートメント)をベルギー王国に設立(10月)し、ドイツBASF社の農業用土壌処理剤事業を譲受(12月)。
05 (平成 17年)
所沢再構築および福島工場増設プロジェクト発足。
08 (平成 20年)
所沢工場の生産設備を福島工場に移管し、福島工場増設工事完了(12月)。
09 (平成 21年)
植調剤ヒオモン33年ぶりの農薬登録(6月)。
10(平成 22年)
新規線虫防除剤ネマキック粒剤上市(2月)。
所沢事業所の竣工(6月)。
創立60周年記念パーティ開催(10月)。
11(平成 23年)
東日本大震災発生(3月)。
東京電力福島第一原子力発電所事故に起因し、福島工場が操業停止に追い込まれる。
12(平成 24年)
バイエルクロップサイエンス㈱から研究所(茨城県結城市)を譲り受け、当社結城事業所とする(1月)。
研究部 生物課が結城事業所へ移転(2月)。
アグロ カネショウコリア株式会社を韓国ソウル市に設立(9月)。
13(平成 25年)
結城事業所内に茨城工場新設(4月)。
結城事業所に土壌分析室を設置(12月)。
14(平成 26年)
東京証券取引所市場第一部上場 (9月)。
害虫防除剤ペイオフME液剤をBASF社より事業譲り受け(10月)。
15(平成 27年)
ネマキック液剤上市(3月)。
新規害虫防除剤デュポンベネビア®OD上市(7月)。
新規病害虫防除剤パルミノ上市(11月)。
17(平成 29年)
芝生用除草剤オフ®ⅡフロアブルをBASF社より事業譲り受け(6月)。
福島工場を閉鎖。国の放射能汚染物質中間貯蔵施設となる(6月)。
18(平成 30年)
病害防除剤兼商クプロシールド上市(1月)。